Panasonic ひとセンサ付LED電球 LDA8L-G/KU/NS

Panasonic ひとセンサ付LED電球 LDA8L-G/KU/NS

Panasonicから販売されている人感センサ付きLEDライト「Panasonic ひとセンサ付LED電球 LDA8L-G/KU/NS」。換気扇とライトが一つになっている自宅トイレに設置しました。少し前に購入した築20年の中古マンションは、トイレの換気扇はライトのスイッチと連動していて、ライトがついている間だけ換気扇が回るという仕様でした。自分としては、トイレの換気扇は24時間365日稼働していて欲しい。そういう悩みを抱えてていたところに、人感センサで入り切りできるライトを見つけ設置することにしました。このLED電球は、人感センサで感知後40秒間点灯します。サイズは、一般的なLED電球とほぼ同じで、LED電球の中央先端にセンサがついています。最近増えている明るさの調節ができるソケットでは使用できません。このLED電球が便利だと感じたのは、消灯直前に少し暗くなり消灯することを予告する機能です。人感センサでスイッチしてくれる機能は当然便利ですが、トイレで固まっているときに消灯しそうだとお知らせしてくれるのはお知らせされてみると意外に重宝する機能でした。現在は、トイレの物理スイッチは常にオンのままで換気扇は24時間換気、ライトはドアを開けた瞬間につく仕様になりました。

Item

Panasonic LED電球 ひとセンサタイプ LDA8LGKUNS
Size: 11.8 x 5.6 cm
Base: E26
Color temperature: 2700K

Link

Panasonic

Panasonic LED電球 LDA8L-G/KU/NS

Inateck キーボードケース & iPad Air 2019

Inateck キーボードケース & iPad Air 2019

ニューラルエンジンA12 Binonic搭載でパワフルになった第3世代の「iPad Air 10.5インチ」と10.5インチ用の「Inateck iPad キーボードケース」。自宅と職場で同じ仕事を共有している自分には、持ち運べる・モバイルできる端末が必須です。以前は、Vaios S11 (2015)を携帯していたのですが、3世代目のiPad Air発売と同時に乗り換え。Vaio S11からiPad Air 2019へ乗り換えるにあたって重視したのは、SkypeやLineのレスポンス。ビジネス系コミュニケーションツールだけでなく、TwitterやFacebookでのやり取りも含めて、iPadはコミュニケーション端末としてとても優秀で満足しています。キーボードの紹介でも触れますが、iPad Air 2019は、サイズだけでなく物理的ないくつかが旧世代のパーツや型を使いまわしているようです。それが理由で、総合的に見て、新しい製品でありながら古さを感じます。当然のことながら、完成度は高いので不満となるほどではありません。

キーボードは、ドイツメーカーInateckのiPad Pro 10.5インチ (旧世代)用キーボード。旧世代のiPad Pro 10.5インチとiPad Air 2019のサイズは全く同じです。iPad Air 2019の販売予告時に公開されたサイズが、旧世代iPad Pro用でいけそうだと判断し見切り発車で購入しました。Apple純正Smart Keyboardの価格とパフォーマンスに不満があったことと、このInateckの機能(ボタン対応)とデザインが洗練されていたことの2点の理由から、Inateckのキーボードを選択。結果、満足のいく環境をモバイルできています。

Items

Inateck キーボードケース (BK2005-BK-JP)
Size: 25.5 x 18.5 x 1.5 cm

iPad Air 10.5インチ (2019)
Size: 25.06 x 17.41 x 0.61 cm

Links

Inateck

Inateck キーボードケース (BK2005-BK-JP)

iPad Air 10.5インチ